◎あなたへの招き


   「幸いな人生への招き」

 

疲れた者、重荷を負う者は、

   だれでもわたしのもとに来なさい。 

   休ませてあげよう。」

      (マタイによる福音書11章28節)

 

  この言葉は、主イエスによって語られた言葉です。神から遣わされた方である主イエスが、当時の人々に語られた言葉であり、今を生きる私たち一人一人に語られている言葉です。

 

 人生において、時に大きな行き詰まりを経験します。その大変さを前に疲れはててしまうことがあります。これ以上は無理、これ以上は耐えられないといった思いになることがあります。

 

 今も生ける主イエスは、私たちにやさしく語りかけ招いておられます。

立派な人、優秀な人ではなく、疲れた者、重荷を負い歩んでいる人を招いておられます。あなたにも語りかけ招いておられます。

 

 進む道は行き止まり、もうどこにも道はないと思っていても、ふと目を上げると進む道があることに気づくことがあります。主イエスは疲れている者を特別に顧みていてくださるお方です。主イエスの恵みの中で、休ませていただき、憩いを与えていただくことができるのです。

 

 主イエスを通して、神の愛を知り、その変わることのない愛の中に感謝して歩み出す時、人生の道を希望を失わずに進んで行くことができるのです

 

 あなたにも、神の愛が注がれ、幸いな人生への招きがあることを忘れないでください。

 

 

 

  「ぜひ、教会をお訪ねください。」

 

 現在、私たちが生きるこの地球、そこにある山、海、川、空などすべてのもの、そして命のすべては、また広大な宇宙も、偶然にできたのではなく、天の神さまによって創造されました。そして、あなたも偶然にこの世に生を与えられたのではなく、両親を通して天の神さまによって命が与えられたのです。

 

 天の神さまは、私たちが、与えられた人生を希望と感謝をもって生きることを願っておられます。しかし、私たちは、いろいろなことの中で、時に希望や感謝を失ってしまうことがあります。

 

 この世界の造り主である真の神である天の神さまを知ることは大切なことです。なぜなら、そのことで生きる意味を教えられ、希望と感謝を新たに与えていただくことが出来るからです。

 

 あなたの上に、天の神さまの愛は豊かに注がれています。ぜひ、その愛を知り、神さまの恵みの中で生かされ歩む者になってください。

 

 ぜひ、一度教会をお訪ねください。また、教会の礼拝にお集い下さい。年間の行事においては、集いやすいチャペルコンサートや特別集会も計画しています。

 

 あなたの人生が豊かなものとなりますようお祈り申し上げます。