2018年11月

 11月4日() 聖日礼拝

     「これほどの信仰を」     ルカによる福音書7章111節 

 

ローマ人であった一人の百人隊長、彼は、天の神さまを信じ礼拝を真実に捧げるユダヤ人を応援して会堂を建ててあげました。また、彼の部下が重い病気になり何とか助けてあげたいと願う優しい人でした。

 

 彼は、使いをやって、主イエスに助けを求めました。自分に向かう主イエスに、御足労を断りました。しかし、「ひと言おっしゃってください。そして、わたしの僕をいやしてください。」と主イエスのひと言を求めました(7節)。

  

百人隊長としての権威を経験していた彼は、主イエスが神から与えられている神の子としての権威を心から敬い、その絶大な力を信じていました。

 

 彼は主より「あなたがたに言いますが、このようなりっぱな信仰は、イスラエルの中にも見たことがありません。」とほめられました(9節)。彼の部下は癒されました(10節)。

 

 百人隊長は、時代が変わっても、自分自身が変わり、弱り果てても変わらない確かな力の御言葉を信じていました。自分の分別、知識、悟りには頼らず、主に信頼したのでした。

 

 「この御言葉は、あなたがたの魂を救うことができます。」(ヤコブの手紙1章21節)。主に信頼し、御業を拝し、勝利をいただきましょう。

                          (久多良木和夫)