2018年 7月

  7月1日(日)  聖日礼拝

    「迫害で散って行った人々」    使徒言行録8:1-8     

 

聖霊降臨の恵みの中で、主イエスの弟子たちは力強く証しをなし、主イエスを信じ仲間に加わる者も多くなりました。しかし、信仰と聖霊に満ちていたステファノが殉教の死を遂げました。そして、エルサレム教会への大迫害が起こり、多くの弟子たちが散らされて行きました。

 

ホーリネスの教会は、今から76年前の1942年から翌年にかけ、国から宗教教弾圧を受け、それは1945年まで続きました。また1943年には、教会解散命令が出され、大打撃を受けました。その大きな原因は、ホーリネス教会が伝道熱心であったことと共に再臨信仰を高く掲げていたことにありました。戦争一色の国家にとって都合が悪かったのです。戦後2年目の1946年、ホーリネスの群は新しく結成されました。

 

エルサレム教会への大迫害で散って行ったキリスト者たちは、散って行った各地で、伝道しました。「さて、散って行った人々は、福音を告げ知らせながら巡り歩いた。」(4節)。困難を経験しましたが、主は共にいてくださいました。

                        (久多良木和夫)

                                   

 

 

7月8日(日)  聖日礼拝

 

    「『殺すな』の正しい理解」   マタイ福音書52122     

 

 

 

私たちは自分は、殺人を犯すような悪い者でないと考えます。しかし、聖書はこう告げています。「しかし、わたしは言っておく。兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける。兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。」(22節)。兄弟を憎む者は人殺しだという神様の宣言です。人間は結果だけを見て判断しますが、神様は心の動機を見て判断されます。 

 

 

人は神のかたちに似せて造られた。神は、神のかたちを持っている人間を一番愛してくださっています。だから、人を殺すなと戒めておられます。

 

神さまは、私たちの救いのために独り子であるイエス様を犠牲にされました。その赦しの愛を信じれば、誰でも滅びることなく永遠の命を得るようにしてくださいました。サタンの奴隷から神をアバ父よと呼ぶ神の子どもにしてくださいました。

 

 

怒りの反対は愛、柔和と言えます。最後の勝利者は怒る者ではなく、あくまでも優しく、そして親切な者です。しかし、それは不可能なことではないか、今までどれだけ相手を傷つける言葉を発したのか、どれだけ怒って来たことか。

 

聖書の中に、激しく怒る人だったのに変えられた人物が記されています、それが大きな励ましです。モーセは、40歳の時 激しく怒り人を殺してしまいました。40年の訓練の後、柔和で謙遜の人に変えられました。民と喧嘩することなく、神に祈り勝利しました。ペトロしかり、パウロしかりです。

 

 

ファリサイ人のような傲慢な心、霊的な無知を認め、悲しみつつ真剣に悔い改め、イエス様の愛を真剣に見上げるならば、聖霊によって生まれ変わることができます。

                 (在日大韓基督教会牧師千 奉祚師) 

    

 

7月15日(日)  聖日礼拝

 

    「権威と力の主」           ルカ福音書4:31-44 

    

 

 私たちはいろいろな支配またいろいろな影響の下に生きています。願わくば、良き支配、良き影響の下に、助けをいただき希望をもって歩みたいものです。

 

 

 

 主イエスは権威と力の主であることを確認したいと思います。

 

 主イエスは、第1には汚れた霊を追い出す権威と力をお持ちでした。人々は皆驚いて、互いに言った。「この言葉はいったい何だろう。権威と力とをもって汚れた霊に命じると、出て行くとは。」(36節)。「イエスは悪霊を戒めて、ものを言うことをお許しにならなかった。」(41節)。汚れた霊、悪霊は人の命令では出て行きません。しかし、主イエスの命令の下では出て行きます。現在も悪霊は、様々なものをもって人を束縛し苦しめます。主は、今も、悪霊、サタンによって苦しめられている者に対して悪霊、サタンを外に追い出してくださるお方です。

 

 

 

 主イエスは、第2に病で苦しむ者を癒す権威と力をお持ちです。「シモンのしゅうとめが高い熱に苦しんでいたので、人々は彼女のことをイエスに頼んだ。イエスが枕もとに立って熱を叱りつけられると、熱は去り、彼女はすぐに起き上がって一同をもてなした。」(38-39節)。「日が暮れると、いろいろな病気で苦しむ者を抱えている人が皆、病人たちをイエスのもとに連れて来た。イエスはその一人一人に手を置いていやされた。」(40節)。

 

 

 

 主イエスは、第3に愛と憐れみの主であり、私たちの救いのためにこの世においでくださった方であり、十字架にかかってくださった方です。死を打ち破り復活されたお方です。主は、私たちのために最善の助けを与え、最善の道を備え開いてくださる主です。

                          (久多良木和夫)

                              

 

7月22日(日)  聖日礼拝

 

     「固い決意をもって」       使徒言行録1119-26節

 

 

 ユダヤではステファノ事件後、迫害のために散らされた人々は、同じユダヤ人以外に主の御言葉を語らなかった。そんな中、キプロス島のキレネの人が、アンティオケアで、ギリシア語を話す人々に、主の御言葉を宣べ伝えた。そこに「主がこの人々を助けられたので、信じて主に立ち帰った者の数は多かった。」(21)

 

 

 この事はエルサレムにも伝わり、バルナバをアンティオケアへ遣わした。バルナバは、まず、アンティオケアに到着して、主に立ち帰った者の数などの主の恵みを見て、喜びんだ。そして、彼らに「固い決意をもって主から離れないように」と語った。固い決意をもってとは、主の言葉をと救いの恵みをいつも握っていく事である。

 

 

 ホーリネス信仰は招きを大切にする信仰である。招きとは、その時決意してその時だけ神の前に出るだけで、終わるのではなく。その思いをいつも持ち続けることが大切である。その事をバルナバは語り、彼らに自分の信仰の姿で証をしていった。「バルナバは立派な人物で聖霊と信仰に満ちていた」(24節)「聖霊に満たされる」とは、主イエスの十字架と復活が神の自分たちへの愛であることを理解できる唯一の真理の道である。バルナバも自分で知ることはできなかった。十字架と復活の信仰を持てるように神に仕えていたからである。

 

 

 バルナバと回心したサウロという二人の宣教者の姿を通し、アンティオケアの人々は「キリスト者と呼ばれる」ようになるほど主の教えを聞き続けていた。私たちも、信じて洗礼を受けて、それで終わりとせず、持ち続けられるように、いつも聖霊を求め続ける固い決意の信仰をもって行きましょう。                              

                           (後藤真英)

     

 

7月29日(日)  聖日礼拝

 

       「人間をとる漁師に」       ルカ福音書5:1-11

 

 

 自分から道を選んで進む道も素晴らしいことですが、招かれてそれに応じて進む道も 素晴らしいものです。

 

 

 ペトロは、ガリラヤ湖の漁師でした。そのペトロが主イエスに招かれて、弟子となりました。主イエスがペトロを12弟子の一人にされたことは不思議です。

 

 

 ある日、主イエスはペトロに舟を少し漕ぎ出すように頼み、その舟の上から群衆に教えられました。その後、沖に漕ぎ出して網を降ろし漁をするように命じました。その命令に従って網を降ろしたところ、たくさんの魚が獲れました。夜通し漁をして一匹も獲れなかったペトロは驚きました。この方はどなただろう、神のもとから来られた方に違いないと思い、自分の罪深さを示されました(8節)

 

イエスはシモンに言われた。「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる。」そこで、彼らは舟を陸に引き上げ、すべてを捨ててイエスに従った。(10-11節)

 

 ペトロは、自分を招かれた主イエスのお言葉に従って主イエスの弟子となりました。その生涯には失敗も多くありましたが、主の愛と憐れみによって、その働きを最後まで全うしました。                         (久多良木和夫)